« 本坪鈴 三角カン  | トップページ | 花見堂 アウトレット品 »

2020年2月20日 (木)

法隆寺型金幢幡

法隆寺型金幢幡のご紹介です。

以前制作したものです と言っても

もう昭和時代とでもいうんでしょうかバブルの頃に制作されているものだと思います。

今と違いエッチングなど一切使用せずに

総手透かし 総手彫りのすごいやつなんです

しかも両面に彫がされているじゃないですか

地金も分厚いものが使用されています

本社が立て替えられるまで店舗にて展示されていましたが

今では工場の倉庫の段ボールの中です 悲し~ぃ

こういういいものは最近では見る機会がなくなりつつありますね!

重さは約25㎏ 長さは約7尺位でしょうか

1対御座います。

メッキは少し経年劣化等御座います。

もちろん解体してのメッキ直し等も可能ですのでご相談ください。

Img_2628-2

Img_2629-2

Img_2630-2

Img_2632-2

Img_2631-2

Img_2633-2

Img_2634-2

Img_2635-2

Img_2636-2

写真も撮ったし又段ボールの中にお戻り頂きましょう

虫干し完了 なんかお雛様みたいやな!

詳細に付きましてはホームページの

お問い合わせフォームからお願い致します。

« 本坪鈴 三角カン  | トップページ | 花見堂 アウトレット品 »

WEB限定品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本坪鈴 三角カン  | トップページ | 花見堂 アウトレット品 »